パンを食べるタイミングを間違えると!!

こんにちは。
おうちでのご飯は、なるべく玄米にしているけど、
実はとってもパンが好き。
前世はフランス人と信じている、神澤記子です。

ナイフとフォーク②



私、好きなものは最後まで取っておいて、
最後に食べるタイプです。

高校生のとき、
テーブルマナー講習会がありました。
高校生だったので、
コース料理なんて食べたことがなかったから、
マナーを知るのも楽しかったのですが、
料理がおいしくて感動しました。

でも、私は好きなものを最後まで取っておくタイプ。
料理とともに出されたパンは
「1番最後に食べよう💕」
と、デザートが出るまで食べずにおきました。


すると‼️


メイン料理を食べ終え、
デザートが出されるタイミングになると、
パンを下げられてしまったのです。

Σ(゚д゚lll)
(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
( ; _ ; )/~~

以来、
パンは出されたらすぐに食べなければならないと、
心に決めました(ー ー;)




今日のブログは番外編。


今週はスタッフで、
小笠原流礼法師範のさかいしのぶ先生をお招きして、
「テーブルマナー」の研修をしました。

洋食マナー講座①



なぜこの研修をやろうと思ったのか?

食の情報を扱うものとして、
最低限のマナーは
知っておかなければならない、と思っていたから。

それにぶっちゃけ、
いい歳の大人がマナーも知らないで、
大勢で食事となったとき、
恥ずかしい思いをしたくない、
恥をかきたくない、と思ったから。

そこからちょっと派生して、
スマートな大人を目指すには、
食べ方で相手を不快にさせてはいけないと思ったから。

まずは座学で先生からレクチャーをうけ、
その後実際に料理を食べながら実践。

ごはん(米飯)についてのレクチャーは
今まで気がつかなかったけど、
納得のお答え。

『「ごはんはフォークの背にのせて食べるんですか?」
という質問をよくいただきますが、
まずキチンとしたお店では、ごはんは出ません。』

洋食生ー講座②



そうですよね(ー ー;)
フランス料理にごはんは、
おかしいですよね(ー ー;)
なので、ごはんをフォークの背にのせて食べるのか、
普通にすくって食べるのかは、
問題にすらならない、と。

座学と実践の両方をやることで、
コース料理を食べる時の疑問を
すべて解決していただきました。

肉や魚の食べ方。
スープの食べ方。
お皿は持つのか、押さえるのか。
ナプキンはいつ使うのか。

実際に食事をしながら教えていただくと、
自分が今まで不安だった点が明らかになり、
それを改善することで、
安心につながります。

洋食マナー講座④



でも、実際にマナーを学んでみて、
大切なのは順番や方法ではないことを知りました。


所変われば品変わる。


マナーもその国によって違うため、
「これが正解」というのはないそうです。
だから
「あ、あの人、やり方が違う」
と指摘をするのはおかしいこと。
最低限、知っておきたいルールはあっても、
あとはその場で臨機応変に対応できることが、
本当のマナーのようです。

また、食事はあくまでツールであって、
その先にあるものを見なければと、
痛感しました。

招く側であれば、
お客様が楽しんでくださっているかを気にすること。
招かれる側であれば、
招いてくれた人が
最上の、精一杯のおもてなしをしてくれることに感謝をして
食事をすること。

さらに、
食事に必死になるのではなく、
会話を楽しむこと。

ナイフとフォーク①



小学校のころの道徳の教科書だったかな?
この「テーブルマナー」で習ったようなことを、
読んだ記憶があります。
こんな話だったように思います。

『ある国の王様の晩餐会に招待された男。
あまりに緊張しすぎて、
フィンガーボールの水を飲んでしまいました。
それを見た周りの招待客は、
その男を笑い飛ばしました。
しかしその直後、
お妃様がフィンガーボールの水を飲みました。
これを見て、笑い飛ばした人たちは、
自分の行為を恥じたということです。』

今回の研修では、
マナーで大切なのは、
「相手を思いやる心」
なのだと、感じたのでした。

洋食マナー講座③



余談ですが、
実践編の料理。
教室長のさみーは、デザートに
フルーツがけゼリーを頼んでいました。
このゼリーが非常に難易度が高かったようで、
つるつるの素材の上にのせられた、
小さくカットしたいちごやブルーベリーが
取れない、取れない。

だんだん前のめりに、
だんだん顔をお皿に近づけて、
フルーツと格闘するさみー。

先生に
「取れないものは、
あんまり深追いしないのも
スマートな紳士です」
と言われてました。

確かに、
大切なのは商談などをしている食事会で、
目の前の男が、
小さなフルーツを必死で追いかけながら、
「そうですね〜、この案件はですね〜」
と言っていても
「お前、人の話、聞いてないだろ」
とツッコミを入れたくなりますよね。

今回の研修の講師、
小笠原流師範さかいしのぶ先生のHPはこちらです。
↓↓↓
http://manners.upper.jp/

テーブルマナーをはじめ、
礼法・マナー学んでみたい方は、
さかい先生の講座をを受けてみては、
いかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




早期割引は今日まで!!

6月25日(日)開催!!
脳力ごはんプロジェクト講座
『オイリスト地曳直子先生によるオイル講座「油と心」
ー油の摂り方を学んで、ストレスに負けない、
しなやかで強い心を手に入れようー』

早期割引は、今日6月10日(土)まで!!
残り座席2席となってます。
お申込み、詳細はこちらから↓↓↓
画像の説明

コメント


認証コード6267

コメントは管理者の承認後に表示されます。