はじめまして♡私、こういうものです

こんにちは。
自分の子ども時代は、たいして出来が良くなく、
今では平凡な主婦ですが、
我が子にはしっかりとした人生を歩んでほしい母代表・神澤記子です。

ルチェンテで



6月。
今年ももう、折り返し地点がやってきてしまいました。

昨年5月29日に、
この「脳力ごはんプロジェクト」のブログを始めたので、
ちょうどブログ開始から1年が経ちました。
あっというまですね~。

1年経ったということで、
自己紹介をしたいと思います(今さら(笑))。

我が家は私・夫・高2と中1の息子2人の4人家族です。
夫はご存知の方も多いと思いますが、こんな人です。
(弊社代表ブログ↓↓↓)
https://sekizen.co.jp/index.php?%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E6%8C%A8%E6%8B%B6

一昨年の3月まで、
全く食とは無縁の生活でしたが、
色々と訳があり、
食の世界へと入っていきました。
(その頃の様子を書いたブログはこちら↓↓↓)
http://xn--38jucsfx82m8x0c.com/index.php?QBlog-20170206-1

ま~私。
本当にズボラで不器用なわけですよ。

短大を卒業して、地元を離れ就職。
一人暮らしを始めたんですが、
初めのうちは頑張ったんですね、自炊しようと。

職場から帰ったらすぐ食べられるように、
ごはんやカレーを小分けにして
冷凍庫に入れておいたりしました。
「一度自炊しなくなったら、そのあとは絶対に作らなくなる!!」
と、必死に作っていました。

恵比寿美人



けど、そもそも料理が得意ではないんですよ。
実家にいた頃も、
自分で何かを作るという事はなかったし。
料理することは、嫌いではないんです。
ただ、不器用なので、
切るのは遅いし、盛りつけとか考えないし。
しかも、野菜はあんまり好きじゃない。

中学も高校も、家庭科の成績は良くなかった。
(あ、被服に比べたら、調理はまだましでした。
被服は、最悪ですよ。
私がミシンを使おうとすると、たいていミシンが壊れ、
それを直すのに授業時間の最後までかかり、
結局1ミリも進まず。
ミシンは私の天敵です!!)

色々失敗もしました。
大根の煮物を冷凍して、
解凍して食べて、
そのまずさにビックリ。
大根は冷凍するものではなかった…。

そして、結局負けちゃったんです、仕事の忙しさに。
一度コンビニ弁当に手を出したら、
その手軽さにはかなわない。
どんなに忙しくても、コンビニにいけば食べるものがある!!
(ま、コンビニってそういう客を狙ったものなんですけど…)

里芋と私②



そんな生活を4年間。
いざ結婚して料理を作るとなった時に、
「はて、味噌汁って、ダシってどうやって作るのかな」と。

そこで
ジャジャーン「だしの素があるじゃないか!!」。
なんて簡単なんでしょう♡
っていうか、だしのとり方、知らないし。

だしの素とか、麻婆豆腐の素とか、
そういった、
色んな出来合いのものに頼った食生活。
ごはんを作るのに不自由を感じたことはなかったし、
体の不調も感じたことはなかった。
むしろ「私、ちゃんと主婦してる♡」って思っていました。


だがしかし!!


一昨年のある出来事をきっかけに、
「もしかしてこの食事、良くないんじゃない?」
と思い始めたんです。

ただ「良くない」と思うまでにも時間がかかりました。
今までの自分を否定されたわけですから。

でも、
「もしかしたら、私の作る食事が、
かわいい我が子の成長、能力を妨げている!?」
って思ったら、
変えないわけにはいかないじゃないですか。

子どもには自分のやりたいことをやってほしい。
それには、当然、自分で考える力が必要になってくる。
そのためには、考えるための土台づくり、
つまり、健康な体と、健康な心を作らなければならない。

それができるのって、お母さんですよね。
お母さんって、ホントに縁の下の力持ち。

コムデシオ



ではでは、
そんな食生活に変えてから、
自分の子どもたちの成績はどうなんだ!!とお聞きになりたいでしょう?

私から見て、
我が子はよく頑張っています。
そりゃ、いわゆる「超一流」の学校に通っているわけでもないし、
学年トップというわけではありません。

私だって
アグネス・チャンさんやら、
息子3人を東大に入れたお母さんに比べたら、
本を出版できるほど、実績が出ているわけではないし、
やってもいない。

そして、これも大きいと思うんですが、
食事の効果って見えづらい。
食事を見直して「やせる」というのは、
変化が目に見えるので、
非常に分かりやすい効果ですよね。

でも、
「この食事をしているから、この病気にならなかった」
というのが目に見えて分からないように、
「これだけ成績が伸びているのは、食事のおかげだ!!」
とは言いづらい。
子ども自身が頑張って勉強していますから。
子どもの努力によるところがほとんどでしょう。

でも、もし、
私の食事が、頑張っている子どもの足を引っ張っているとしたら、
それはもう、悲しいこと。

だから私は、私のできる範囲でやろうと思っています。

食に注意が向くようになって2年とちょっと。
今まで全然気にしていなかっただけに、
驚きの出来事がいっぱいです。

そんなちょっとした私の気づきを
このブログでお伝えできればと思ってます。

里芋と私①



最後までお読みいただき、ありがとうございました。




6月25日(日)開催!!
脳力ごはんプロジェクト講座
『オイリスト地曳直子先生によるオイル講座「油と心」
ー油の摂り方を学んで、ストレスに負けない、
しなやかで強い心を手に入れようー』

早期割引は6月10日(土)まで!!
残り座席3席となってます。
お申込み、詳細はこちらから↓↓↓
画像の説明

コメント


認証コード2150

コメントは管理者の承認後に表示されます。