作れないって思いこんでました・その②

こんにちは。
食事から生徒さんの学習サポートを提案する、
食育栄養コンサルタントの神澤記子です。

ぺペロンチーノ



前回のブログで、
麻婆豆腐が自分では作れないと思い込んでいたことを
お話させていただきました。

今日は「自分では作れないと思っていたもの・その②」を
ぶっちゃっけちゃいます。




以前のブログで、
ミートソースが自分で作れて感動したことを
お伝えさせていただきました。

そう、
私はスパゲティソースは
全て作れないと思っていたのです。

自宅で作るスパゲティは
乾麺のスパゲティを買ってきて、
市販のソース、
主にミートソースかナポリタンをかけるのが当たり前。
たまに「カルボナーラ」なんてソースを見かけると、
「お〜‼︎そんなソースもあるのか‼︎」
と感動して、かけていたものです。

パスタ乾麺



そう、「かける」というのが当たり前。
なので、売られていないソースは、
家では食べられない味だったんです。

そして家では食べられない味=お店で食べる味の1つに
「ペペロンチーノ」がありました。

当然、家で作れると思ってはいなかったので、
クックパッドでレシピ検索をするとか、
そんなことも、したことがありませんでした。

和風パスタ



ところがある日、
たまたまつけていたテレビで
ペペロンチーノの作り方をやっていたのです。
そして驚愕の事実が発覚。


「ペペロンチーノって塩味だったの⁉️」


知っている人には
「えっ⁉️そんなことも知らないの⁉️」
という事実かもしれませんが、
私、知らなかったんです。

っていうか、
外食してペペロンチーノは食べていましたが、
それが「塩味」だということに
気がつかなかったんです。

いや、
気づけなかったんです。

パスタ②



ショックですよね。
一番シンプルな味付け「塩味」がわからない…。

よく
「最近の子どもには、出汁の味がわからない子がいる」
と言いますが、
私も出汁の味がわからない子、
いや、
出汁の味がわからない大人だったんです。


出汁の味もわからない、
塩味もわからない。


でもさすがに
ポテチの塩味はわかります。

けど、ポテチの塩味は
本当の塩味じゃないですよね…。
あれは「作られた塩味」です。

のり塩



そんな「作られた塩味」に慣らされてしまった舌だから、
本来の塩味に気がつけない。

さらに、
ペペロンチーノの作り方をみて茫然。
「超カンタンじゃん」。
これなら私でも作れますよ…。
なんでこんなの、作れないって思っていたの?

今ではペペロンチーノは、
家で一番よく作るパスタ料理です。
そして、おいしいペペロンチーノができるように、
塩は「天日海塩」を使っています。
シンプルな料理だからこそ、
塩そのものの素材の良さが、求められますよね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




我が家で使っている『塩』はこれ!!

画像の説明



この『天日海塩』の総販売元・ご塩社夕張の笹谷達朗代表が、
4月23日開催の『お塩のお話会』で
塩について語ってくれます!!
なぜ「お塩ちゃん」こと笹谷代表は、
全国塩脚をしているのか!?

おいしい『塩』はどんな『塩』なのか知りたい方は、
ぜひ「お塩のお話会」にご参加ください。

詳細・お申し込みはこちらから↓↓↓

画像の説明

コメント


認証コード4136

コメントは管理者の承認後に表示されます。