旬の野菜を食べたい!!

こんにちは。
食事から生徒さんの学習サポートを提案する、
食育栄養コンサルタントの神澤記子です。

神社桜紅葉1



昨日は立冬。暦ではもう冬ですね。
このところ、日中でも寒く感じる日が多くなってきました。
我が家の周りの木々は、だいぶ色づいてきましたが、
今年は紅葉を楽しむ前に、
強風のため、赤や黄色に色づく前に、
葉っぱが落ちてしまっているように思います。

神社桜紅葉3



今秋は、野菜が高いですね。
ニュースでも
「レタスが高騰している」
という話題がありました。

脳力ごはんでも、
「彩りよく食材を選んでいくと、
栄養素を考えていなくても、
栄養のバランスがよくなる食事ができあがる」
とお伝えしているので、
出来れば、食卓に色んな食材がほしいもの。

とはいえ、
私は「高かったら無理して買わない」
スタイルなので、
レタスが高くても
「今日は買わない。食べない」
と割り切ってます。

TOPレタス



あ、これは我が家の近くのスーパーです。
昨日は、特売で安かったせいか、
残りはあとひとつでした。

TOPキャベツ



このキャベツ。
こんな値段なんて…。
もう、買いません。
だって、しばらくキャベツを食べなくったって、
他のもので補えるし。

というか、
最近私が思うことは、
その土地の旬のものを食べることが、
一番おいしいし、
その野菜のパワーをもらっている気がするということ。
だって、その野菜が一番育っている時ですよ。

だから、
旬ではない高い野菜は、
無理して買わない。

そして、
旬ということを考えると、
日本のもの、
国産の野菜が、
日本人にはあっているのかなと思います。

もちろん、
日本では育たない野菜、
アボカドなんかは買って食べますが、
日本でも収穫できる野菜は、
国産のものを選んで買っています。

TOPパプリカ



これは、最近よく見かける、
輸入物のパプリカ。
パプリカは赤、黄色など鮮やかなので、
彩りを良くするのに、使いたくなりますよね。
でも、あまりに良く見かけすぎて、
パプリカの旬がわからない…。

ふと、隣を見ると、
ちょっと値段は高くなりますが、
国産のもので、
「カラーピーマン」という赤や黄色のピーマンが
売られていることがあります。
最近は、同じ彩りなら、
こちらのカラーピーマンが安いときに、
買っちゃっています。

ちなみに昨日はこれを買いました。

TOPかぶ



実は私、カブの旬を知りませんでした。
昨日はスーパーで買い物をしましたが、
普段は農家さんで野菜を買っているので、
その日のラインナップで、旬の野菜がわかります。
かぶの旬が今だということも、
その農家さんに教えていただきました。

流通が行き渡りすぎて、
スーパーでは旬が分からなくなってしまうような
このご時世。
旬のものをいただくというのが、
とても贅沢な事のように思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  • 野菜の旬

    野菜は、基本20℃前後が生育適温です。
    だから、日本の夏はあつ過ぎ。
    旬は基本2つ、春秋野菜と夏野菜。
    冬野菜は、秋野菜の延長。小松菜など、寒さに強いものは、真冬ですも生育する
    だから、フランスなど、野菜大国。要は、温度と湿度。パブリカなど日本で作れる。外国の野菜は、温度があえば作れる。けど、売れない。


  • コメントありがとうございます。
    「温度と湿度」なんですね。わかりやすい解説をありがとうございます。
    日本の夏が、野菜にとっては暑すぎるというのは、初めて知りました。
    日本の野菜、外国の野菜と色々ありますが、自分で食べて「おいしい」と感じる野菜をまず選び、
    自分自身のカラダが「この食事だと調子がいい」と思える食事ができれば、と思ってます。



認証コード2355

コメントは管理者の承認後に表示されます。