「お塩のお話会」開催されました

こんにちは。
食事から生徒さんの学習サポートを提案する、
食育栄養コンサルタントの神澤記子です。

お塩ちゃん1



脳力ごはんプロジェクト第5弾
「お塩のお話会 塩は必要?不必要?塩の真実を聴いてみよう」
が本日開催されました。
ご参加された皆さま、ありがとうございました。




ご塩社夕張の笹谷達朗社長にお越しいただき、
「お塩の真実」「お塩の未知」について、
楽しくお話いただきました。

体はなぜ、塩分を必要としているのか、
塩が身体にどういう作用をしているのか、
とても分かりやすく、解説していただきました。

塩の講義なのですが、
塩の役割が、体にとって、とても重要なため、
塩以外の調味料の話、
菜食や肉食の話、
外食産業の食べ物の話など、
話の内容は多方面に渡り、
内容の濃い、講義となりました。

お塩ちゃん2



なぜ、減塩と言われるようになったのか…。
私たちが「常識」と思っていることは、
実は「常識」と思わされていることなのかもしれない、
真実は全く別のところにある。
今日のお話を聞いて、
そう思わざるを得なくなりました。

ただ、流行っているから、
みんながいいというからではなく、
自分で理解したうえで、
行動していかなければならないのだと感じました。

人間の体は、食べたものからできています。
とくにお子さんの場合、
健康な大人になるためには、
何を食べるのかが、とても大切です。

ご家庭で料理を作っていらっしゃる方が、
お子さんの、家族全員の、健康の舵取りをしているのです。

お塩ちゃん3



今日から私も、
怖がらずに塩を使えるようになりました。
「自分がおいしいと思うところまで、塩を足す」
「しょっぱくて、のどが乾いたら、水を飲む」
たった、これだけのこと。

きっと我が家の料理は、
明日から「いい塩梅」になることでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント


認証コード2433

コメントは管理者の承認後に表示されます。