私が食に興味を持った理由

こんにちは。
食事から生徒さんの学習サポートを提案する、
食育栄養コンサルタントの神澤記子です。

からあげ

まったく食育に興味はなかった私。

ではなぜ、食を勉強しようという気になったのか?

それは、夫の肥満でした。




結婚後、毎年毎年太り続け、
食を勉強すると言った時には、
その様子は、
あぐらをかいたら、
鏡餅に見えるくらいでした。

確かに、ここで食事を見直さないと、
この人は死ぬなと思ったのです。


仕方なく、食に関して勉強を始めました。




実践し始め、
すぐに効果がわかりました。

ダイエットを目的としているわけではないのに、
夫が痩せ始めたのです。

別にカロリー計算をしているわけでも、
運動をしているわけでもないのにです。

ちょっとしたポイントを抑えているだけです。

体重が減ったからというわけではなく、
体が軽く動く感じです。

これは食に気をつけて、正解だったんだと実感しました。




私は家事は苦手だし、
器用でもないので、立派なものは作れません。
そんな私でも少し気をつけるだけで
以前と比べ、
健康になれる食事ができるようになりました。


知識があるのとないのでは、大きな違いです。
知っているのか知らないのかでは、
できることもやれません。

まだ伸び盛りの生徒さんの年代では、
食に気をつければ、
ぐんと伸びる可能性もあります。

ご家族みんなで、
「幸せな受験」を迎えられるように、
食の面からサポートさせていただきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント


認証コード7566

コメントは管理者の承認後に表示されます。