我が家の定番のおかずをご紹介

こんにちは。
食事から生徒さんの学習サポートを提案する、
食育栄養コンサルタントの神澤記子です。

豆もやしナムル



今日は我が家のメニューを1つご紹介したいと思います。




我が家の定番はこれ。
大豆もやしを使った「豆もやしナムル」。

「脳力ごはん」講座で、
講師の水口麻衣子先生に教えていただいた
「ほうれん草のナムル」が美味しくて、
家でも作っているのですが、
講座のときに
「豆もやしでやっても美味しいですし、栄養もありますよ」
と教えていただいたので、
豆もやしでやったところ、
これが本当に美味しい‼︎
以来、我が家の定番となりました。

まず、豆もやしを茹で、
ボールに取ったら、
アマニ油で和えます。

アマニで和える



ごま油も少々加えると、風味がいいです。

ゴマ油で和える



それから、塩を加えて混ぜます。

塩を振る



最後にかくし味で醤油を少々。

これで完成‼︎

お好みで、すりごまやいりごまで和えたり、
刻み海苔をのせたりすれば、
さらに美味しくなります。




ポイントは「塩」。
「大さじ◯◯」とかはありません。
自分の舌で確認して
「おいしい」と感じるところまで、
塩を入れてください。
もやしにしっかり塩味がついているのが、
おいしいポイントです。

脳を健康に保つためには、
「オメガ3系」の油をしっかり摂りたいもの。
オメガ3系のアマニ油で和えることで、
頭の冴え感をサポート。

アマニ油



オメガ3系の油は、
毎日少しずつ摂ることで効果を発揮するので、
こんな形で摂取するのも、オススメです。

大豆もやしの栄養には
「大豆レシチン」というものがあります。

豆もやし



この「レシチン」はリン脂質の一種なのですが、
「レシチン」も「オメガ3系」の油と同じように、
脳を健康に保つために摂りたい脂質の1つ。
アマニ油で和えて食べれば、
学習効果を上げる脂質が、同時に摂れますね。

意外と忘れがちなんだけど、
「よく噛んで食べる」というのも、
学習効果を上げるために、実践してほしいこと。
よく噛むことは、脳への血流を良くするので、
脳が活発化します。
実はこの「豆もやし」、
思っている以上に、
豆の部分に噛みごたえがあります。

最後はやっぱり
「おいしくな〜れ」の呪文ですかね(笑)

あんまりにもおいしいので、
最近は大容量パックで買っているのですが、
全部茹でて作っても、ほとんど残りません💦。
(私がほとんど食べている⁉︎)

おいしくなるポイントの「塩」。
体への影響を考えると、
「精製塩」ではなく、
「天然塩」を使ってほしいと思います。

スーパーでは色んな塩が販売されているので、
「どれを買えばいいのか迷っちゃう」
という方は、
ぜひ当塾で販売をしている
「天日海塩750」を使ってみてください。

天日海塩



「天日海塩750」は、
海の奇麗なオーストラリアの海岸で、
約2年以上かけ太陽と風の力だけで自然天日結晶塩を原料にして、
沖縄の塩職人さんが、
沖縄のきれいな水で、
ていねいに洗い、
沖縄の気候で常温乾燥させ、
海の神秘の力が持つ本来のエネルギーが、
人間にやさしく届くようにと願いを込めて造った、
水に溶けやすく、
体になじみやすい生のお塩です。

この「天日海塩」で作ったおにぎりは、
おいしいですよ🎶。

ぜひ食べてみたい‼︎という方は、
「脳力ごはん」ホームページ内、
お問い合わせフォームから、
「天日海塩、ください‼︎」とお問い合わせください。

みなさんも「豆もやしナムル」ぜひ作ってみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント


認証コード7766

コメントは管理者の承認後に表示されます。