こんなものも掘ってきました

こんにちは。
食事から生徒さんの学習サポートを提案する、
食育栄養コンサルタントの神澤記子です。

かえる1



先週末は、家族でイモ掘りに行き、
サツマイモをたくさん収穫してきました。
今週は「サツマイモ祭」的なごはんが続いております。
サツマイモ大好きな私は、毎日とっても満足です。




さて、サツマイモを掘った時に、
「あるもの」も掘らせていただけると聞いたので、
家族でチャレンジしてきました。
そのあるものとはこちら。

里芋1



このおおきな物体、なんだかわかりますか?

これを見慣れた大きさにすると、こんな感じ。

里芋2



そう、里芋です。

私、恥ずかしながら、
里芋がこんな感じでなっているとは知りませんでした。
いや、あの大きな葉っぱが「里芋」の葉っぱであるというのは、
幼いころに聞いていたので、知っていました。

里芋3

里芋4



でも、この葉っぱと、
あのスーパーで売られている里芋が
イコールで結び付かなかったんです。
だって、あんなに大きな葉っぱなのに、あの大きさのイモ。
そこをあまり不思議にも思わなかったのですが。
もう、里芋の葉っぱといったら、このイメージしかありません。

かえる1



そう。かえるの傘。
その下にどんなイモが植わっているのかなんて、
考えませんでした。

さあ、さっそく里芋掘りにチャレンジしたのですが、
その大変な作業にびっくり。
まず、種イモを掘りだし、

里芋5



そこについている、よく見る形の里芋を、
丁寧にひとつづつとっていく。

里芋6



こうやって作業をしていくと、
お百姓さんの大変さがわかり、
食べ物を粗末にするなんてできません。

こうして収穫できた、立派な里芋たち。
サツマイモとともに、
おいしくいただいています。

大人になっても、こうした体験は貴重ですね。

里芋7



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント


認証コード5835

コメントは管理者の承認後に表示されます。